menu

憧れのモンサンミッシェルと被災前のノートルダム大聖堂

UKでHard Brexitが現実味を帯びてきた中、

やんごとなき理由により、フランスに出向く必要に迫られました。

みなさん年度初めの忙しい時期に申し訳ない、という日本人特有?の

後ろ髪を引かれる状態で行ってきましたが、どうせならしっかりと楽しめ!

と腹を括って、相棒X-E2を抱えていざフランスへ!


■ 憧れのモンサンミッシェル


DSCF8836.jpg 
X-E2 with XF27mm F2.8 

一度は訪れたかったモンサンミッシェル。

パリからはあまりにも遠く(バスで片道5時間(T_T))、滞在時間が短すぎです。

次回はここで一泊するつもりです。

DSCF8822.jpg 

X-E2 with XF60mm F2.4 R Macro 

ここは修道院になっているのを現地に出向いて初めてしった始末で…。

情緒ある急な石段を登っていくと修道院の入り口があります。

DSCF8820.jpg 

X-E2 with XF60mm F2.4 R Macro

ジブリの映画に出てきそうな光景ですね?

DSCF8825.jpg 

X-E2 with XF60mm F2.4 R Macro

みなさん急な石段を必死に登ってきます。

DSCF8829.jpg 

X-E2 with XF60mm F2.4 R Macro

修道院に至るまではすっかり観光地に(笑)

日本でも有名なナントカおばさんのクッキー屋さんもあり、

オムレツで有名なレストランもあり、大変賑やかで人を惹き付ける場所でした!


DSCF8852.jpg 

X-E2 with XF27mm F2.8 

帰り道のバスから。午前はどんより曇り空でときどき小雨もぱらついていましたが、

帰り道はきれいに晴れてくれました。建物の落書きはお約束のようで…(笑)


■ 被災してしまったノートルダム大聖堂


大きなニュースにもなりましたが、残念ながらパリのノートルダム大聖堂が被災してしまいました…。

被災前にたまたま足を運んでいて、その時はこの2枚だけしか収めませんでした。

無事に再建されることをお祈り申し上げます。

DSCF8955.jpg 

X-E2 with XF35mm F1.4 R

ブルーの燭台?と奥のろうそくの炎はとても癒やされました。

f1.4だと玉ボケがラグビーボール型になってしまうので、

シャッタースピードが手ブレしない程度になるまで絞り、f2.0で落着。

聖堂内部など、薄暗い屋内では、XF35mmF1.4は大変重宝します。

DSCF8932.jpg 
X-E2 with XF35mm F1.4 R

こちらも同じく玉ボケに。

パリ・ノートルダムのデザインが、今となっては痛々しく感じます…。

どうか早く再建されますように…。


■ おわりに


今回、モンサンミッシェルへは日本人向けのツアーで訪れました。

途中でちょっとした田舎の村に立ち寄ったり、現地ではなかなか

サーブされないレストランを申し込んだり…と、肝心要の現地での

滞在が短くなりすぎたのが残念でした。。。

次回は、モンパルナスからTGVで行くことにします。

フランスの写真は、もう少し続きます(笑)

関連記事

0Comments

There are no comments yet.

Leave a comment